FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
春はアイデアの季節・・・!と言い出したのは私ですが(^_^;)
とにかくこの溢れ出るアイディア達を漏らすことなく活躍させてあげたいと思いたち、
前々から欲しいなーと思っていたホワイトボードを自室に導入しました。

ついでなのでブログのネタに開封時からの様子を皆さんに見ていただこうと存じます。

とりあえずネットを巡って、やっぱり送料無料が美味しいAmazonで購入を決定しました。
Nakabayashi製のアルミ製ホワイトボードです。

DSC_1567.jpg

まずは送られてきたままの様子です。
でかいアマゾンの箱に入ってやってきました。
こんなの始めて見るーと思うと2つ以上のダンボールを継いでこのカタチを作っている様な。
レアいです。

DSC_1569.jpg

早速中身を取り出します。
白肌の美しいホワイトボードが露わになりましたね(*´∀`*)

DSC_1572.jpg

付属の紙にはメーカーと製品名、それに付属品の取り付け方などの指南がありました。

DSC_1574.jpg

付属品はこちら。イレイサーと黒ペン一本が最初から付属してました。これは嬉しい。
イレイサーもペンも、Amazonでついでに買おうと思ったけど250円くらいするから、これだったら百均で買った方がいいやと思って買い控えたのが功を奏しました。

DSC_1578.jpg

そしてそれらイレイサーやペンを乗せてしまっておくためのトレイもついてましたね。
後は、ぶら下げるための紐を通すようの穴が付いているパーツ。

それらをすべて組み立て、完成。

と思いきや、アレ?
なんかひとつパーツが余っている・・・。なんだこれは・・・。

DSC_1584.jpg

説明書を見なおしてみるも、このパーツについての説明は書いてありません。
なんだなんだーと思いつつ、トレイの端っこに合わせてみたらスルりと組み合わさりました。
トレイエンド的なパーツだったようです。

しかしこいつ、何の説明もない上に、取り付けた時に何の手応えもありません。
ちょっと指で引っ張れば、なんの引っ掛かりもなく取れてしまうので困りました。

しょうが無いのでセロハンテープで固定して事なきを得ましたが~。
なんでここだけこんなにも手を抜いてしまったのかNakabayashi・・・

とか思っているウチに晴れて完成しました。
写真はこちら。

DSC_1585.jpg

最後にトレイエンドでモヤモヤしたせいか、微妙に気持ちの悪い猫(?)が描けてしまいました。

と言う事で、総評ですが~

トレイエンドの手抜きっぷりにはちょっと吹きましたが(これだったら最初から無いほうが良い)
ホワイトボードとしてはとても優秀でした。まあ何の問題もない、ホワイトボードです。
最初900x600じゃ小さいかなー、もっとでかいの買おうかな~とか思ってましたけど、
実際的にこのサイズを選んでよかったです。
このサイズでもちょっとでかすぎるくらいなので・・・。
よっぽど広い部屋をお持ちの方じゃない限りは、このサイズで必要十分なのではないでしょうか。


軽量アルミ ホワイトボード 900x600mm WBA-9060
ナカバヤシ
売り上げランキング: 1248


という事で、皆さんも2012年度、真っ白なキャンパスをアイディアで一杯にしてみませんか☆
スポンサーサイト
2012.05.09 Wed l 新製品 / 購入レビュー l top
現在世の中で使われているキーボードの種類は大きく2種類あるようですね。

普通の、昔から使われているデスクトップパソコン向け的なキーボードである
「メンブレン方式」と、軽量、小型化がしやすい為に昨今、ノートパソコン上に載せられる事の多い「パンタグラフ方式」と呼ばれる2方式がメインストリームのようです。


ネット上の使用感のレビューを見てみると、メンブレン方式の方が一般的にタイピング音が響きやすく、また、キーの端を打鍵した時にタイプミスになりやすい等の意見が散見されますね。

パンタグラフはキーの端押しに強く、また軽量小型なのですが、やはり昔からのキーボードであるメンブレンを好む人はまだまだ多いようです。


さて、そんな世相を受けて私もキーボードの新調をしようと思いたち、
この度新しいパートナーを迎え入れましたので、その子のご紹介をしたいと思いましたよ。

DSC_1537.jpg

まずは外箱。
こんな感じの薄いダンボールの箱にパッケージングされています。

DSC_1544.jpg

次に開けた所。
とてもシンプルな中身で、使用説明書とキーボードが入っているのみです。
キーボードはビニール袋に包まれていました。

DSC_1546.jpg


今回は無線である必要をさほど感じなかったので無線タイプのものではありませんでした。
無線のキーボードは既に2つほど持っているので共用してもいいかなと思い。
無線のマウスでまだ納得の行く物に出会った事はありませんが、無線のキーボードは今や完全に実用レベルに達していますね。
やや脱線しましたが話を戻します。

DSC_1547.jpg

DSC_1551.jpg

表面はこのとおり、綺麗なクリスタルコーティングがなされています。
このコーティングによって、キーの刻印等が剥がれ落ちる事がないというのがひとつの売りですね。
加えて、キーボードが完全にローマ字タイプ仕様になっており、カナ文字が刻印されていないため、全体的にスマートな感じを醸しだしている気がします。
印字フォントや、アイコン等もこだわっているのを感じますね。かっこいいです。

DSC_1555.jpg

もうひとつのこのキーボードの売りは11のファンクションキーを搭載している所です。
音量の上げ下げや、電卓の起動や、音楽の再生やスリープモードへの移行など、僕はあまり使わないと思っていたのですが、やはりあれば便利なものですね。結構使ってます。

DSC_1559.jpg

それと面白いのがこの仕組。
背面のキーボードの角度を出すための爪を使って垂直に自立させる事ができます。
机の上をちょっと広く使いたい時とかにこれは結構便利かも知れません。

DSC_1563.jpg

欠点をいうとするならばUSBポートを一つ使う有線式のキーボードである事くらいでしょうか(笑)
とはいえ、それも自分で選んだ結果の有線なんですが(・_・;)

あ、エンターキーを押すときだけ無駄に「カチャ」って言う気がしますね。
他のキーを叩いた時に比べて音が少し大きい、くらいのものですが。

総合的に見るとキーボードの印字のクールさや、クリスタルコーティングとやらの演出する高級感など、非常に満足度は高いです。定価5400円ですが、アマゾンでは2500円以上値引きされています。安くで手に入れる事ができてウレシスです。




色は黒と白があるのですが、黒に比べて白の方が手垢や汚れが目立ちにくいとの情報を得て、今回は白に決めました(*^^*)
長く付き合って行けそうな相棒です。
2012.05.08 Tue l 新製品 / 購入レビュー l top
高血圧の人にも醤油を楽しんでもらいたいという一念で開発された「ソイゼロ」という商品が
今巷で話題になっているようです。



製造元は福岡市にある「福萬醤油」。2011年11月より販売を開始したこの商品、
はじめは近所のショッピングモールなどで試験的にぼちぼち販売していたらしいです。
しかし予想に反して売れまくった為に、今は量産体制を整えて販路の拡大に努めているという事です。

このソイゼロ、最も大きな特徴は塩分濃度がほぼ0%の0.3%という数字をマークしている所。

通常醤油の醸造には塩分を用いて雑菌の繁殖を抑えているのですが、この工程においてアルコールを使用する事で、雑菌の繁殖を抑える事に成功している事が、この塩分濃度実現できた理由です。

なお、味はというと醤油というよりも、どちらかというと日本酒に近いような味という事ですが、通常の醤油と同じように旨味成分であるアミノ酸を豊富に含んでいるため、料理の旨みは増すという事。
もちろん、醤油独特のあの芳醇な香りはそのままに再現されているという事です。

この製品、スプレータイプになっており、必要なときに適量、料理に吹き替えて使うようです
そのまま飲んでもいいかも知れないですね(え笑( ゚∀゚ )


ウチの祖父が晩年、高血圧で塩分の摂取を控えていたのですが、このスプレーがあれば喜んでもらえたのかなあと思いました。


お問い合わせはこちら

福萬醤油
住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3丁目6番9号
電話:092-737-8920

2012.04.26 Thu l 新製品 / 購入レビュー l top
しばらく使っていたSONY製のイヤフォンが切れたので新しく購入しました。
以前使っていたSONY製の奴は綺麗なオレンジ色が魅力で、あんまり調べずに購入したんですが、線が硬いな~、イヤフォンへのジョイント部が硬すぎる~と思ってたら案の定そこが切れちゃったので。

新しく購入したのはコレです!ジャン!



実際はコレの水色+白のカラリーングの奴なんですけど。

で、まずは外観。

前回のイヤフォンで脆弱と思われていたイヤフォンとケーブルのジョイント部分がゴムでカバーされてあって、急角度で曲がる事のないようにできていました。
加えて、ケーブルの硬さも、前回よりは柔らかい感じです。

音はというと

まあ、正直ぶっ飛びました。
最近のイヤフォンってこんなに安くてもこんなにいい音がするんですね。
特に低音部が良く出ている印象でした。こんなに小さいのに!

反面、欠点ですが・・・
うーん、あんまり欠点らしい欠点がないです。
まあ・・・ケーブルがよじれる事くらいですかね。でもどのケーブルもよじれるんじゃないかと(・_・;)


値段も1,680とリーズナブルなので、とりあえずイヤフォンはコレをかっとけば間違いないかと思いますよ。

イヤフォン選びに迷っている人はとってもおすすめですよん。

Creative インナーイヤー型イヤホン EP-630 ブラックモデル EP-630-BK
2012.04.20 Fri l 新製品 / 購入レビュー l top

だんだん暑くなってきましたね~♪
寒いのが苦手な筆者には有難い季節です。
あとはもう少し木々諸君が花粉を控えてくれるとなおいいのですが(;ω;)-3

さてさて桜も散り、いよいよ夏の気配が近づいてきましたね!
つまり、すごく喉が乾く季節ですね( ゚∀゚ )!

ハアハア言いながら自販機を求め彷徨う日々・・・。
ジュースも150円と安いんだか高いんだか中途半端な値段ですが、これってトータルすると結構な支出になりますよね~。
あっという間に小銭入れが空になったりしますん。

そこで今回、水筒を購入したのです。




この水筒、ボタンがついてて、そのボタンを押すと中のドリンクが出る仕組みです。
スゴイのはその水密(気密)性で、完全にひっくり返してもチロっとも漏れません。

しかも2層ステンレスで、中の真空層が断熱効果を持ちますので、保温性が高いのです。

熱湯なんかを入れると大体2時間くらいは熱々すぎて飲めないくらいの保温性ですよ~。

色の組み合わせは全部で三種類。
おしゃれな見た目で持ち歩きに支障ないです。

最近はずっとこいつと一緒に行動してて、空になったらコンビニとかに寄って
珈琲を買って補給とかしたりしてます。容量は500ml弱ってところでしょうか~?


まあ幾つか欠点を上げるとすれば、ボタンを押すとロックが解除されて飲める仕組みなんですけど、バッグの中にいれておいたりすると、他の物に干渉してボタンが押されて中身が漏れてるー!なんて事が2回くらいあったので、ロックをさらにロックするスイッチみたいなのがついてたら尚よかったかなーと。

メーカーさん、改良してくれたら絶対追加購入します( ^ω^)♪

それとロック機構のある事で、多少普通の水筒より洗いづらいってところですかね~。

しかしそれらの欠点を差し引いても余りある素晴らしい機能性です♪
それに、なんと言ってもすごく安いです☆
毎日ジュースを買ってる人には特におすすめ。家計が浮いちゃいますよ~ん

SALE!!【コンティゴ contigo/AVEX】ステンレススチール サーモマグカップ 473ml×2個セット 【ケータイマグ】コンティーゴ (イグナイト)
2012.04.19 Thu l 新製品 / 購入レビュー l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。