FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
鹿児島市、桜島の昭和火口で2012 3/12午後に爆発的噴火が起こり、
大きな噴石火口からおよそ2.4キロ離れた桜島2合目付近まで飛んだという事です。
なお、この噴石による住民や建物に対する被害は出ていないという事。

鹿児島地方気象台の発表によると、
今後も大きな噴石が、今回以上の距離を飛んだり、
また火砕流が起きる可能性もあるとして警戒を呼びかけました。
これによって市は火口から2.4キロの範囲に近づかないように規制をかけたそうです。



以下昭和火口の画像です。

kakou2.jpg

kakoumap.jpg

地図を照らしあわせて見る限り、ぽっかり空いた穴が昭和火口というワケではなく
横に小さな火口があって、それが昭和火口ということでしょうか?

kakou1.jpg




小噴火が起こった時付近には大砲の発砲音のような音が鳴り響いたそうです。
このように規模の大きい噴火は平成21年3月以来と言う事で、また昨今
噴火の頻度も上がってきている事から、今後はしばらく桜島を注視する必要がありそうです。


動画は平成23年2月15日 14時00分 昭和火口噴火の時のものです。




自然災害が耐えない近年ですが、最近話題の太陽活動なども影響をしているんでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2012.03.13 Tue l 時事 / ニュース l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。