FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
私つい1年くらい前に気づいたんですけど、右側の鼻の奥の穴が左のものより随分小さいんですよね・・・orz
当社比0.25倍って所です。

その小さい空気孔でなんとか新鮮な空気をやりとりしようとするものの、ちょっとでも鼻が詰まるとすごく辛い。左の鼻孔が詰まるともうほとんど口呼吸になってしまうのです(T_T)

そこで調べてみた所、私のこれは鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)と呼ばれる物なのでは?という所に行き着きました。

bichuukaku.jpg


これは左右の鼻の穴を仕切る真ん中の軟骨(鼻中隔)が曲がっている(湾曲)している事から起こるらしいです。
加えて、この症状は特に私だけに限ったものではなく、日本の成人のおよそ90%がそのような状態にあるという事。

まあ、私の場合は特に曲がり方が激しいのかもしれませんが・・・。

鏡で見ても特に鼻が曲がっている訳ではないので、気づかない人多いらしいです。
あくまで、鼻の内部組織の問題なんですね。

その上鼻にはなんと「鼻サイクル」と呼ばれるものがあるというのです。
これは3~4時間に一回、左右の鼻の粘膜を交互に腫れさせるという恐ろしいサイクルなんですが、おそらく私の場合、左鼻がこのサイクルに突入するとほとんど鼻呼吸ができなくなっているのでしょう。
確かに一日に何時間か鼻が詰まっている気がする・・・。

そもそもは正常な鼻の場合、左右の鼻の粘膜を休ませるためにあるシステムだと言われていますが・・・。

ちなみにこの鼻中隔湾曲症は手術においてのみ治療する事が可能だという事です。
病院に入院して、手術を行い、3日ほどは鼻で呼吸ができなくなってその後すっきりするそうなんですけど・・・。
値段も調べてみると10万円から20万円ほどと、病院によって差があるようですね。

3日鼻で呼吸ができないって辛いなあ~。料理とかも匂いがなくなるのですごく美味しくなくなるらしいですよ(;_;)

手術受けてみるかな~。

最近は寝る時だけでも、鼻でしっかり呼吸できるようにこういうのを使っています。



起きた時に口の乾きがなくなっておすすめですよ!
スポンサーサイト
2012.04.18 Wed l 雑記 / 長崎地域情報 l top
1d76ijfy.jpg


みなさん狂犬病というのが本当は恐ろしい病気だということを知っていますか?
人を含めたほぼ全ての哺乳類に感染し、その致死率は100%という。
今尚世界中で毎年5万人もの犠牲者を出すウィルス感染症です。

その狂犬病を治療することができる可能性を持つ抗体が開発されました。


以下原文

 大分大は27日、狂犬病ウイルスを破壊する「スーパー抗体酵素」の開発に成功したと発表した。同大によると、人から取り出した抗体を持つ遺伝子を使ったケースは世界初で、昨年12月に米国の生命科学専門誌「FASEBジャーナル」電子版に掲載された。狂犬病に有効な治療法はないが、人への応用が可能になれば、狂犬病が不治の病でなくなる可能性があるという。

 工学部の宇田泰三教授(生物工学)らによるマウスを使った共同研究。同大によると、スーパー抗体酵素は特定のウイルスや細菌を狙い撃ちして無害化する酵素で、宇田教授が98年に発見した。

 今回の研究では、狂犬病ワクチンを接種した人の白血球から、抗体を持つ遺伝子を取り出し、遺伝子を分離するなどして5年間かけて狂犬病ウイルスだけを破壊するスーパー抗体酵素の製作に成功した。この酵素を狂犬病ウイルスに感染した10匹のマウスに接種したところ、5匹が世界基準である14日間の生存を果たした。

* * * * * * * * * * * * * * *

という事で未だ実験段階にすぎない状況ではあるのですが、
この方法を利用する事によってインフルエンザワクチンの開発や、対がん細胞にも応用できる
可能性もあるという事です。

新しいウィルス抗体を作るプロセスが開発されたという事でしょうか。
人への応用は早くて5年~10年の間に可能になると見られていますので
今後の続報が待たれますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
2012.02.28 Tue l 時事 / ニュース l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。