FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近気になったオンラインサービスがこれ。

■ブクペ  です。


まず、これってどういう物かと申しますと、本の内容をまとめてあるんですね。
そしてコレらのサービスの特長がユーザー参加型であるという事です。

今流行りの「ソーシャル」ってやつですよ☆(ゝω・)


本の内容が大体まとめてある。


これっていろんな活用法が考えられると思います。

例えば一番最初に思いつくのが、目的の本を買う前にリサーチ目的として覗いて見るとか。

あと自分の場合は本当に良書を読み終わったあとに「この感動を誰かと分かち合いたい!!」
なんて思いつめる事があって、結果、友達に本を無理やり貸しつけて
「貸したあの本もう読み終わった?」
とか数日おきに尋ねるというすごくウザったい存在に成り下がってしまう事もあります。

しかし読み終わったあとにブクペを見れば、
もうそんな悲しい被害者を生む事がなくなると思えば
それはもう、皆嬉しいに決まってます!僕も嬉しい!!(`;w;)

加えて、このサービスのウマイなって思う点は、まとめる側にも益があるという事です。
まとめてある本は、まとめサイトのすぐ下に貼ってあるアフィリンクから購入する事ができるみたいなのですが
その、アフィリエイトの収入の10%弱ほどを、まとめたユーザーの人がもらう事ができるのですね。

なので人気のある本をまとめる事が出来れば、ものすごい収入を得る事がひょっとした可能かも知れないという。

これはこれからの成長がとても楽しみなビジネスですね。


* * * * * * * * * *


僕自身の目算としては、これからいくら電子書籍が流行っていったとしても
おそらくは紙の本の需要というものは若干減りはすれど、ほぼ現在の人気とさほど変わらず
維持されていくものじゃないかなーと思います。

まず電源が必要ないとか、そういう理由もあるんですが
紙の本ってものすごい持ちますよね。

でも電子書籍、デジタルの方が長く持つに決まってるじゃんって思う人もいるでしょうが
実際的にはデジタルって言うものの寿命は結構短いものじゃないかなーと思います。
これまでの歴史上、結構短いサイクルでフォーマットが変わるんですよね。

たとえばWin95で動かしていたソフトはいまのWin7じゃ動かないなんて物もたくさんあります。

なので、一度は電子書籍の大ブームが訪れるでしょうが、
その後、改めて本の持つ普遍的な価値というのが見直されると思います。


まあ自分は仕事柄技術書などを読む事が多いのですが、
そういう本については電子化をガンガン推し進めて行って欲しいと思いますよ。
索引を引く手間が省けますからね~。

要は住み分けってやつなのかなー?

なんて思いつつ失礼します~⊂( ^ω^)⊃
スポンサーサイト
2012.02.03 Fri l 時事 / ニュース l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。