FC2ブログ
iruka.jpg


日本捕鯨の発祥の地、和歌山県太地町がイルカ、クジラ等を湾内で飼って、
ふれあいを楽しもうという試みを推進しているようです。
その名も「クジラ牧場」
5年後のオープンを目指して年間30万人の集客を予定しているらしいですよ!

この町と言えば、シーシェパードの隠し撮りによって
大きな風評被害を受けた事で有名ですが、
そのイメージを今回の「クジラ牧場」で人と海獣が共存する町という形で
払拭していくのが狙いの一つとしてあるみたいです。
「古くからクジラ、イルカと共存してきた町」という事みたいですね。

計画は、同町北西部にある森浦湾の約4万平方メートルをネットなどで仕切り、
その中でゴンドウクジラ ミンククジラ イルカなどを放し飼いにして
イルカと一緒に泳いだり、シーカヤックで回遊したりすることで
海の哺乳類と触れ合って行こうという事らしいです。

kujirafarm.jpg

ついでにクジラの生態なんかも研究しようって事みたいですね。
研究所も併設するらしいです。

しかし大丈夫なのでしょうか・・・。
彼らはおとなしいとはいえ野生動物で猛獣の部類なのでは・・・。
あのクジラのでかい尻尾で軽く撫でられただけで大被害は避けられない
と思いますが。

私としては、どこまでは人は自分の都合の良い事を考えて
やるのだろうなあという、なんだか虚しいキモチしか沸き起こりませんね。


でもクジラさんと一緒に泳げるものなら・・・泳ぎたい><!ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



2012.02.28 Tue l 時事 / ニュース l top